グローブリフォーム

創業70年の建材知識と実績。神戸市東灘区の住宅リフォームはお任せください。

リフォームのご相談・お見積りはお気軽に 0120-171-884

news 新着情報

キッチンのリフォーム失敗しないためのポイント

キッチンのリフォームで失敗しないためのポイント
について触れたいと思います。

「対面キッチンはメリットが大きいですが狭くならない様に注意」
壁付けと比べると対面式キッチンは、
動線を含めて考えると設置に必要な面積が大きくなります。
調理スペースと通路幅を狭めて無理やり対面式にしたはいいが、
結果使い勝手の悪いキッチンになってしまうこともあります。
今は収納の奥行きが30cm程度のスリムなものもありますし、
組み合わせやレイアウトを上手に考えることで、
ダイニングとのコミュニケーションが取りやすい
対面キッチンを省スペースで造ることが可能です。
ただし、マンションなどでは配管の都合から
理想通りのプランが組めない場合もあります。
もし相談される場合、図面があるなら図面を持参してください。
もちろん現地調査も必要ですが、
より良いプランをできるだけ短時間で提案できるでしょう。

「キッチンの収納計画」
収納は使う場所や頻度等を考えてプランを立てましょう。

国産メーカー製のシステムキッチンは、
日本人女性が使い易いように考えて作られています。
例えば、楽な姿勢でものが取り出せる高さは床から25cm~170cmくらいで、
吊戸棚などで踏み台なしでものの出し入れができる限界は
概ね185cmとされています。
個人差はありますが、
使用頻度の高いものは「楽な姿勢で取り出せる範囲」に収まる様に考えましょう。
基本的に収納は開き戸タイプより引き出しタイプの方が
仕舞うのも取り出すのも易く、収納したものの確認も楽にできます。
また、パントリーは奥行のあまりないものの方が、
奥に仕舞い込んで出し辛い・賞味期限が切れてしまうなどの事故が起き辛くなります。
大きな収納は便利ですが、
容量だけでなく出し入れのし易さも考えると、使い勝手の良い収納になります。

キッチンのリフォームも是非当社にお任せ下さい。

◆お電話やメールフォームにて受け付けております◆

フリーダイヤル:0120-171-884

Web site:http://www.grove-reform.com/

メールフォーム:http://www.grove-reform.com/contact/
20200123 K05-A

リフォームのご相談・お見積りはお気軽に! お電話はフリーダイヤルから 0120-171-884 メールでのお問い合わせ

page top